SCUについて

SCUは、メンバー数約3000人の、ソニーで最大の社員組織です。社員の生活に関わる賃金や会社制度に関する会社との協議・交渉はもちろん、メンバーの成長や充実を目的とした各種セミナー、サービスなどを行っています。ソニーで成長し、みずからの力で複数のキャリアパスを描き、明るい未来を実現したい人を応援します。ソニーを出ても活躍できる人材を増やすことが、ソニーの成長の原動力になるのです。

  • HOME
  • SCUについて
概要
設立 2002年12月15日( 1961年に前身であるソニー新労働組合結成 )
組織名 ソニー中央労働組合( Sony Central Labor Union、略称:SCU )
所在地 〒108-0075 東京都港区港南2-12-33 品川キャナルビル5F( アクセスマップ
代表者 芳賀 伸介
組合員数 約3000名
綱領
  1. 私たちは、会社の発展が私たちの社会的、経済的地位の向上に繋がる基盤であることを認識し、技術及び生産性の向上に努力を惜しむものではない。
  2. 私たちは、「自由闊達にして愉快なる理想工場」の文化を継承し、社員の創造性が最大限発揮できる環境の実現をめざす。
  3. 私たちは、会社と社員のコミュニケーションの充実に努め、社員を代表する組織としての責務を果たす。
  4. 私たちは、社員の自主性と主体性を大切にし、社員個人の価値の向上と繁栄を永続的に実現するため、幅広く、きめ細かな取り組みを行う。

 

第17期 活動方針

第17期は、メンバーの望む状態が多様化するなか、賃金や雇用といった労働条件の向上、会社制度の最適化、経営に対する改善提案、組織拡大などの基本活動を行いつつ、特に個人の成長と組織の成長に焦点をあてた活動に注力していきます。具体的には、メンバー1人ひとりが自分らしいワークスタイルとライフスタイルを実現し、さらに、ビジネスパーソンとしてプロフェッショナルとなることで、個人価値の向上をめざします。また、SCUの組織形態についても見直します。ソニー(株)の分社化が一通り完了し、メンバーの大多数が出向者となりました。この状況を受け、ソニーグループ各社に対して、より強い影響力を発揮すべく、SCUをソニー(株)の社員組織から、ソニーグループを代表する社員組織へと再定義する活動にも取り組んでいきます。

1. 自分らしいワークスタイルとライフスタイルの実現

  • 長時間労働の改善と労働生産性の向上
  • パラレルキャリアの実践
  • プライベートな時間の充実

2. メンバーのプロフェッショナル化と個人価値の向上

  • セルフマネジメント能力の強化
  • 情報伝達力と行動促進力の強化
  • 人的ネットワークの構築と活用

3. ソニーグループを代表する社員組織への変革

  • SCU加入資格範囲の拡大
  • グループ内労働組合との連携強化
  • グループ各社との労使関係構築